農食環境学群・環境共生学類
教授  佐藤 喜和  サトウ ヨシカズ  
メールアドレス:ysato@rakuno.ac.jp
ホームページ:

更新日:2016/01/18

基本情報

プロフィール

氏名ローマ字:YOSHIKAZU SATO
性別:男性
生年:1971年
学位:「学士(農学)」「修士(農学)」「博士(農学)」
学内電話番号:011-388-4602
所属教授会:農食環境学群
研究室名:野生動物生態学
最終学歴区分:東京大学大学院農学生命科学研究科 博士課程修了
採用年月日/委嘱年月日:2013/04/01

研究活動

所属学会

2003/10/01, 森林野生動物研究会, 国内
2003/09/01, 日本森林学会, 国内
2000/04/, The Wildlife Society, 国外
1998/04/01, 日本生態学会, 国内
1998/04/, International Association for Bear Research and Management, 国外
1996/09/01, 日本哺乳類学会, 国内
所属学会を全て表示する
2003/10/01, 森林野生動物研究会, 国内
2003/09/01, 日本森林学会, 国内
2000/04/, The Wildlife Society, 国外
1998/04/01, 日本生態学会, 国内
1998/04/, International Association for Bear Research and Management, 国外
1996/09/01, 日本哺乳類学会, 国内

学会役職

2012/09/, 日本哺乳類学会, 常任理事(庶務担当)
2011/09/, 日本哺乳類学会, 英文誌編集委員会
2007/09/, 2012/09/, 日本哺乳類学会, 保護管理専門委員会クマ類保護管理検討作業部会事務局
学会役職を全て表示する
2012/09/, 日本哺乳類学会, 常任理事(庶務担当)
2011/09/, 日本哺乳類学会, 英文誌編集委員会
2007/09/, 2012/09/, 日本哺乳類学会, 保護管理専門委員会クマ類保護管理検討作業部会事務局

専門分野

森林科学
生態・環境
専門分野を全て表示する
森林科学
生態・環境

受賞履歴

2008/09/, 国内, 日本哺乳類学会奨励賞
受賞履歴を全て表示する
2008/09/, 国内, 日本哺乳類学会奨励賞

著書

2014/03/31, 「ツキノワグマおよびヒグマの分布域拡縮の現況把握と軋轢防止および危機個体群回復のための支援事業」報告書, 日本クマネットワーク(編), 172pp, 日本クマネットワーク
2013/06/15, 森の中の伝言板-ヒグマの背擦り, 佐藤喜和, モーリー巻,31号, 30-31, 北海道新聞社
2013/02/28, 国後島・択捉島のヒグマ―特に白いヒグマについて, 佐藤喜和・中村秀次・石船夕佳・Loguntsev, A., 369-377, 北海道大学出版会
著書を全て表示する
2014/03/31, 「ツキノワグマおよびヒグマの分布域拡縮の現況把握と軋轢防止および危機個体群回復のための支援事業」報告書, 日本クマネットワーク(編), 2.クマ類の全国分布の概要(佐藤喜和,p7),2-1.全国のクマ分布の概要,過去との比較(佐藤喜和・中下留美子・坪田敏男・中島亜美,p4-13),3-1.阿寒白糠地域(佐藤喜和・根本唯・園原和夏・瀧口さやか・中村秀次,p86-92),5.効率的,長期的な分布は握手法の検討(中島亜美・佐藤喜和・中下留美子・坪田敏男,p160-161), 172pp, 日本クマネットワーク, ISBN 978-4-9903230-4-2
2013/06/15, 森の中の伝言板-ヒグマの背擦り, 佐藤喜和, モーリー巻,31号, 30-31, 北海道新聞社
2013/02/28, 国後島・択捉島のヒグマ―特に白いヒグマについて, 佐藤喜和・中村秀次・石船夕佳・Loguntsev, A., 369-377, 北海道大学出版会, オホーツクの生態系とその保全(桜井泰憲ほか,編)の第4章

論文

2015/02/15, Comments: a study plan about comparison in biology of brown bears between continental and island populations, Yoshikazu Sato, 9, Abstracts of The Japan-Russia 3rd Workshop on Cooperation on the Preservation of the Ecosystem in the neighboring areas of Japan and Russia
2014/09/01, Country-wide range mapping of Asiatic black bears reveals increasing range in Japan, Yamazaki, K.&Sato, Y., 23, 3, 18-19, International Bear News
2014/03/31, 浦幌地域におけるヒグマによる背擦り木の利用と特徴, 小泉沙奈恵・佐藤喜和, 14, 9-20, 浦幌町立博物館紀要
2013/12/30, 北海道十勝地域におけるアカギツネ(Vulpes vulpes)のロードキル発生に対する影響要因の解析:道路周辺の景観構造およびエゾシカ駆除・狩猟の影響に注目して, 西尾 翼・高田まゆら・宇野裕之・佐藤喜和・柳川 久, 53, 2, 301-310, 哺乳類科学
2013/09/01, A genetic basis of reaction norm evolution in density and/or year response of early vegetative plant architecture using recombinant-inbred lines derived from the cross between annual-form-wild and cultivated rice under changeable natural climate across years, Youki Itoh and Yoshikazu Sato, 4, 8, 248-271, International Research Journal of Plant Science, 10.14303/irjps.2013.046
2013/03/26, Selection of rub trees by brown bears (Ursus arctos) in Hokkaido, Japan., Sato, Y., Kamiishi, C., Tokaji, T., Mori, M., Koizumi, S., Kobayashi, K., Itoh, T., Sonohara, W., Takada, M.B.&Urata, T., 59, 129-137, Acta Theriologica, 10.1007/s13364-013-0143-z
2012/10/17, Estimatingthe population structure of brown bears in eastern Hokkaido based on microsatellite analysis, Itoh, T., Sato, Y., Tsuruga, H., Mano, T., Kohira, M., Yamanaka, M., Kasai, S., Kobayashi, K.,&Iwata, R., 58, 127-138, Acta Theriologica, 10.1007/s13364-012-0095-8
2012/07/01, Increased brown bear predation on sika deer fawns following a deer population irruption in eastern Hokkaido, Japan., Kobayashi, K., Sato, Y.&Kaji, K., 27, 849-865, Ecological Research, 10.1007/s11284-012-0962-4
2012/06/30, 平成23年度第2回企画展報告「国後・択捉の白いヒグマ」, 佐藤喜和, 21, 104-113, 日本大学生物資源科学部博物館報
2012/03/31, 浦幌町におけるヒグマ駆除数の推移II(1967-2012年), 佐藤喜和, 13, 15-23, 浦幌町立博物館紀要
論文を全て表示する
2015/02/15, Comments: a study plan about comparison in biology of brown bears between continental and island populations, Yoshikazu Sato, 9, Abstracts of The Japan-Russia 3rd Workshop on Cooperation on the Preservation of the Ecosystem in the neighboring areas of Japan and Russia
2014/09/01, Country-wide range mapping of Asiatic black bears reveals increasing range in Japan, Yamazaki, K.&Sato, Y., 23, 3, 18-19, International Bear News
2014/03/31, 浦幌地域におけるヒグマによる背擦り木の利用と特徴, 小泉沙奈恵・佐藤喜和, 14, 9-20, 浦幌町立博物館紀要
2013/12/30, 北海道十勝地域におけるアカギツネ(Vulpes vulpes)のロードキル発生に対する影響要因の解析:道路周辺の景観構造およびエゾシカ駆除・狩猟の影響に注目して, 西尾 翼・高田まゆら・宇野裕之・佐藤喜和・柳川 久, 53, 2, 301-310, 哺乳類科学
2013/09/01, A genetic basis of reaction norm evolution in density and/or year response of early vegetative plant architecture using recombinant-inbred lines derived from the cross between annual-form-wild and cultivated rice under changeable natural climate across years, Youki Itoh and Yoshikazu Sato, 4, 8, 248-271, International Research Journal of Plant Science, 10.14303/irjps.2013.046
2013/03/26, Selection of rub trees by brown bears (Ursus arctos) in Hokkaido, Japan., Sato, Y., Kamiishi, C., Tokaji, T., Mori, M., Koizumi, S., Kobayashi, K., Itoh, T., Sonohara, W., Takada, M.B.&Urata, T., 59, 129-137, Acta Theriologica, 10.1007/s13364-013-0143-z
2012/10/17, Estimatingthe population structure of brown bears in eastern Hokkaido based on microsatellite analysis, Itoh, T., Sato, Y., Tsuruga, H., Mano, T., Kohira, M., Yamanaka, M., Kasai, S., Kobayashi, K.,&Iwata, R., 58, 127-138, Acta Theriologica, 10.1007/s13364-012-0095-8
2012/07/01, Increased brown bear predation on sika deer fawns following a deer population irruption in eastern Hokkaido, Japan., Kobayashi, K., Sato, Y.&Kaji, K., 27, 849-865, Ecological Research, 10.1007/s11284-012-0962-4
2012/06/30, 平成23年度第2回企画展報告「国後・択捉の白いヒグマ」, 佐藤喜和, 21, 104-113, 日本大学生物資源科学部博物館報
2012/03/31, 浦幌町におけるヒグマ駆除数の推移II(1967-2012年), 佐藤喜和, 13, 15-23, 浦幌町立博物館紀要

学会発表

2016/07, 口頭発表, Sapporo, Urban and suburban brown bear management in depopulating society Sapporo, Japan, Yoshikazu Sato, 3, 5th International Wildlife Management Congress
2016/07, 口頭発表, Sapporo, Chicken or the egg? Possibility of new wildlife job or reforming academic curriculum in Japan, Hosoda, S., Akasaka, T., Igota, H., Sato, Y., Takafumi, H. & Yoshida, T, 11-12, 5th International Wildlife Management Congress
2016/07, ポスター発表, Sapporo, Analysis of factors affecting brown bear (Ursus arctos) maize consumption with attention to the effect of landscape structure and genetic information in eastern Hokkaido, Japan, Hata, A., Takada, M.B., Nakashita, R., Fukasawa, K., Oshida, T., Ishibashi, Y. & Sato. Y, 259, 5th International Wildlife Management Congress
2015/10, ポスター発表, Winnipeg, Bears approach near human settlements as a result of habitat selection, Sato, Y., Takada, M.B., Sonohara, W. & Mano, T., The Wildlife Society 22nd Annual Conference
2015/07, ポスター発表, Sapporo, Trials for extensive trend monitoring of brown bear (Ursus arctos) population using the combination of scented wooden post hair-snares and camera traps, Ishibashi, Y., Suzuki, S., Tanaka, H., Shibata, S. & Sato, Y., 264, 5th International Wildlife Management Congress
2015/07, ポスター発表, Sapporo, Elucidation of mitochondrial DNA haplotypes from bone samples of extinct Japanese black bear in Kyushu Island, Itoh, T., Sato, Y., Ishiguro, N., Shimizu, M., Kurihara, N., Minami, M. & Yamazaki, K., 265, 5th International Wildlife Management Congress
2015/07, Sapporo, Is it good news or bad news? The impact of increasing sika deer population for foraging behavior of brown bears, Kobayashi, K., Kaji, K., Mano, T. & Sato, Y., 267, 5th International Wildlife Management Congress
2015/07, ポスター発表, Sapporo, Country-wide range mapping revealed the geographic range of Asiatic black bears and brown bears increased in Japan, Sato, Y., Nakashita, R., Tsubota, T., Nakajima, A., Nemoto, Y. & Yamazaki, K., 287, 5th International Wildlife Management Congress
2015/07, ポスター発表, Sapporo, Spatial distribution of brown bear occurrence and mortality points in Urahoro, eastern Hokkaido, Japan, Sonohara, W. & Sato, Y., 292, 5th International Wildlife Management Congress
2015/07, ポスター発表, Sapporo, The sebaceous gland development in the back skin of adult male brown bear (Ursus arctos) in the wild during the mating season, Tomiyasu, J., Sato, Y., Sasaki, M. & Matsui, M., 348, 5th International Wildlife Management Congress
学会発表を全て表示する
2016/07, 口頭発表, Sapporo, Urban and suburban brown bear management in depopulating society Sapporo, Japan, Yoshikazu Sato, 3, 5th International Wildlife Management Congress, Public plenary 0104
2016/07, 口頭発表, Sapporo, Chicken or the egg? Possibility of new wildlife job or reforming academic curriculum in Japan, Hosoda, S., Akasaka, T., Igota, H., Sato, Y., Takafumi, H. & Yoshida, T, 11-12, 5th International Wildlife Management Congress, 0503
2016/07, ポスター発表, Sapporo, Analysis of factors affecting brown bear (Ursus arctos) maize consumption with attention to the effect of landscape structure and genetic information in eastern Hokkaido, Japan, Hata, A., Takada, M.B., Nakashita, R., Fukasawa, K., Oshida, T., Ishibashi, Y. & Sato. Y, 259, 5th International Wildlife Management Congress, 074
2015/10, ポスター発表, Winnipeg, Bears approach near human settlements as a result of habitat selection, Sato, Y., Takada, M.B., Sonohara, W. & Mano, T., The Wildlife Society 22nd Annual Conference, 37
2015/07, ポスター発表, Sapporo, Trials for extensive trend monitoring of brown bear (Ursus arctos) population using the combination of scented wooden post hair-snares and camera traps, Ishibashi, Y., Suzuki, S., Tanaka, H., Shibata, S. & Sato, Y., 264, 5th International Wildlife Management Congress, 085
2015/07, ポスター発表, Sapporo, Elucidation of mitochondrial DNA haplotypes from bone samples of extinct Japanese black bear in Kyushu Island, Itoh, T., Sato, Y., Ishiguro, N., Shimizu, M., Kurihara, N., Minami, M. & Yamazaki, K., 265, 5th International Wildlife Management Congress, 086
2015/07, Sapporo, Is it good news or bad news? The impact of increasing sika deer population for foraging behavior of brown bears, Kobayashi, K., Kaji, K., Mano, T. & Sato, Y., 267, 5th International Wildlife Management Congress, 090
2015/07, ポスター発表, Sapporo, Country-wide range mapping revealed the geographic range of Asiatic black bears and brown bears increased in Japan, Sato, Y., Nakashita, R., Tsubota, T., Nakajima, A., Nemoto, Y. & Yamazaki, K., 287, 5th International Wildlife Management Congress, 130
2015/07, ポスター発表, Sapporo, Spatial distribution of brown bear occurrence and mortality points in Urahoro, eastern Hokkaido, Japan, Sonohara, W. & Sato, Y., 292, 5th International Wildlife Management Congress, 140
2015/07, ポスター発表, Sapporo, The sebaceous gland development in the back skin of adult male brown bear (Ursus arctos) in the wild during the mating season, Tomiyasu, J., Sato, Y., Sasaki, M. & Matsui, M., 348, 5th International Wildlife Management Congress, 254
2014/09, ポスター発表, 京都大学(京都府京都市), 背擦り木を介したヒグマのコミュニケーションに関わる行動パターンの解析, 高橋元輝1,広瀬諭実1,宮脇有里1,伊藤大地1,○佐藤喜和2 (日本大1,酪農学園大2), 162, 日本哺乳類学会2014年度大会 プログラム・講演要旨集, P-084
2014/09, ポスター発表, 京都大学(京都府京都市), 安定同位体比分析を用いたヒグマのトウモロコシ利用の検証とその空間パターンの解明, ○秦彩夏1,高田まゆら2,中下留美子3,深澤圭太4,石橋悠樹5,佐藤喜和5 (帯畜大1,東大院・農2,森林総合研究所3,国立環境研究所4,酪農学園大5), 172, 日本哺乳類学会2014年度大会 プログラム・講演要旨集, P-104
2014/09, ポスター発表, 京都大学(京都府京都市), 背擦りトラップと自動撮影装置を用いたクマ類個体群モニタリングの試み, 石橋悠樹(酪農学園大学)、鈴木晋悟(浦幌ヒグマ調査会)、佐藤喜和 (酪農学園大学), 179, 日本哺乳類学会2014年度大会 プログラム・講演要旨集, P-118
2014/09, ポスター発表, 京都大学(京都府京都市), レーザーアブレーション誘導結合プラズマ質量分析による野生動物の食性解析の可能性, 中下留美子(森林総研)、大石昌弘(㈱TDK)、鈴木彌生子(食総研)、小林喬子(自然研)、伊藤哲治(㈱WMO)、増田泰(知床財団)、大泰司紀之(北大)、佐藤喜和(酪農学園大), 158, 日本哺乳類学会2014年度大会 プログラム・講演要旨集, P-075
2014/07, 口頭発表, 酪農学園大学, 背擦りトラップを用いたヒグマの体毛の採取, 石橋悠樹・鈴木晋悟・佐藤喜和, 7, 第47回森林野生動物研究会大会 プログラム・講演要旨集, 講演1
2013/09, 口頭発表, 岡山理科大学, ヒグマ個体群の空間構造-アトラクティブ・シンク現象の解明と被害管理への応用, 佐藤喜和・高田まゆら, 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会 プログラム・講演要旨集
2013/09, ポスター発表, 岡山理科大学, ヒグマの農作物・シカ駆除残滓利用に影響を与える環境要因と空間スケールの特定, 福田真弓・高田まゆら・小林喬子・谷本実加・佐藤喜和, P-87, 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会 プログラム・講演要旨集
2013/09, ポスター発表, 岡山理科大学, 北海道東部浦幌町におけるヒグマ駆除数の推移(1967-2012年), 佐藤喜和, P-139, 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会 プログラム・講演要旨集
2013/03, ポスター発表, 盛岡・岩手大学, 景観および生物相の異なる生息地におけるヒグマの食性比較, 小林喬子・中村秀次・山中正実・伊藤哲治・中下留美子・Loguntsev Andrey・大泰司紀之・佐藤喜和, 249, 第124回日本森林学会大会プログラム・講演要旨集, P2-136
2013/03, ポスター発表, 静岡, 炭素・窒素・硫黄安定同位体比解析からみた国後島ヒグマの食生態, 中下留美子・鈴木彌生子・小林喬子・伊藤哲治・中村秀次・増田泰・Andrey Loguntsev・大泰司紀之・佐藤喜和, P2-287, 日本生態学会第60回全国大会講演要旨
2013/03, ポスター発表, 静岡, ヒグマ頭骨形態の地理的変異-系統的制約と食性の違いに注目して-, 佐藤喜和・中村秀次・大貫麻衣子・堤麻衣子・大舘智志, P2-293, 日本生態学会第60回全国大会講演要旨
2013/03, ポスター発表, 静岡, 国後島および択捉島におけるヒグマのmtDNAハプロタイプの分布および系統, 伊藤哲治・中村秀次・小林喬子・中下留美子・増田泰・Andrey Loguntsev・大泰司紀之・佐藤喜和, P1-250, 日本生態学会第60回全国大会講演要旨
2012/09, ポスター発表, 相模原・麻布大学, ヒグマの農作物利用に影響を与える環境要因およびその影響が決定する空間スケールの解明, 清水ゆかり・高田まゆら・間野勉・宇野裕之・深澤圭太・大沢剛士・赤坂宗光・佐藤喜和, 208, 日本哺乳類学会2012年度大会プログラム・講演要旨, P-181
2012/09, ポスター発表, 相模原・麻布大学, 木杭を利用したクマ類の背擦り行動の誘発と体毛採取法の検討:背擦りトラップ, 佐藤喜和・中村秀次・伊藤哲治, 212, 日本哺乳類学会2012年度大会プログラム・講演要旨, P-189
2012/09, ポスター発表, 相模原・麻布大学, 国後島のヒグマにおけるmtDNA解析による分子系統学的研究の進捗, 伊藤哲治・中村秀次・小林喬子・中下留美子・増田泰・Andrey Loguntsev・大泰司紀之・佐藤喜和, 213, 日本哺乳類学会2012年度大会プログラム・講演要旨, P-192
2012/09, ポスター発表, 相模原・麻布大学, ヒグマの農作物利用に影響を与える環境要因およびその影響が決定する空間スケールの解明, 谷本実加・高田まゆら・小林喬子・佐藤喜和, 217, 日本哺乳類学会2012年度大会プログラム・講演要旨, P-200
2012/09, ポスター発表, 金沢, LA-ICPMSイメージング法による野生動物の食性解析の可能性 -ヒグマ(Ursus arctos)をケーススタディとして-, 中下留美子・大石昌弘,鈴木彌生子,小林喬子,伊藤哲治,中村秀次,増田泰,河合久仁子,Loguntsev Andrey,大泰司紀之,佐藤喜和,渡邊泉, 263, 日本分析化学会第61年会講演要旨集, P2066
2012/08, ポスター発表, ブリタニー,フランス, Feeding ecology of brown bears of the Southern Kurils revealed by stable isotope analysis, Nakashita, R., Suzuki, Y., Kobayashi, K., Itoh, T., Nakamura, H., Masuda, Y., Kawai, K., Loguntsev, A., Ohtaishi, N.&Sato, Y., 116-117, The 8th International Conference on Applications of Stable Isotope Techniques to Ecological Studies
2012/05, ポスター発表, 鹿児島, 生元素安定同位体比分析を用いて国後島白いヒグマの生態を探る, 中下留美子・小林喬子・鈴木彌生子・伊藤哲治・中村秀次・増田泰・河合久仁子・Loguntsev Andrey・大泰司紀之・佐藤喜和, 235, 第72回分析化学討論会講演要旨集, P2119

科研費受領状況

2014/01/01, 2016/03/31, 科学研究費補助金, 日本学術振興会, 挑戦的萌芽研究, 毛色変異の適応的意義-国後島・択捉島にのみ生息する白いヒグマによる検証の試み, 研究代表者
2011/04/01, 2013/03/31, その他の補助金・助成金, 日本大学, 日本大学学術研究助成, 森-里-川-海の連環からなる複合生態系の構造解明 -フィールド教育の体系化を目指して-, 研究分担者
2011/04/01, 2015/03/31, 科学研究費補助金, 文部科学省, 基盤研究(B), ヒグマ個体群のアトラクティブ・シンク現象解明とモニタリングおよび被害管理への応用, 研究代表者
2010/04/01, 2013/03/31, その他の補助金・助成金, 三井物産, 三井物産環境助成, 国後島・択捉島産の白いヒグマに関する保全生物学的研究, 研究代表者
2010/04/01, 2013/03/31, 科学研究費補助金, 文部科学省, 基盤研究(C), 漁業被害対策としてのカワウ駆除の有効性:多角的アプローチによる効果検証, 研究分担者
2009/04/01, 2010/03/31, その他の補助金・助成金, 日本大学, 日本大学学術研究助成, ヒグマの背擦り行動の意義の解明と生息数モニタリングへの応用, 研究代表者
2008/04/01, 2009/03/31, その他の補助金・助成金, 日本大学, 日本大学学術研究助成, ヒグマの生息地適性からみた手入れの異なる人工林の比較, 研究代表者
2007/04/01, 2008/03/31, その他の補助金・助成金, 日本大学, 日本大学学術研究助成, 広葉樹液果・核果類の種子分散者としてのヒグマの役割, 研究代表者
2007/04/01, 2011/03/31, 科学研究費補助金, 文部科学省, 若手研究(B), ソース・シンクモデルによるヒグマ個体群の構造・遺伝子流動の解明と被害管理への応用, 研究代表者
2006/04/01, 2007/03/31, その他の補助金・助成金, 日本大学, 日本大学学術研究助成, 都市緑地における外来種アライグマの生態および在来種タヌキへの影響に関する研究, 研究代表者
科研費受領状況を全て表示する
2014/01/01, 2016/03/31, 科学研究費補助金, 日本学術振興会, 挑戦的萌芽研究, 毛色変異の適応的意義-国後島・択捉島にのみ生息する白いヒグマによる検証の試み, 研究代表者
2011/04/01, 2013/03/31, その他の補助金・助成金, 日本大学, 日本大学学術研究助成, 森-里-川-海の連環からなる複合生態系の構造解明 -フィールド教育の体系化を目指して-, 研究分担者
2011/04/01, 2015/03/31, 科学研究費補助金, 文部科学省, 基盤研究(B), ヒグマ個体群のアトラクティブ・シンク現象解明とモニタリングおよび被害管理への応用, 研究代表者
2010/04/01, 2013/03/31, その他の補助金・助成金, 三井物産, 三井物産環境助成, 国後島・択捉島産の白いヒグマに関する保全生物学的研究, 研究代表者
2010/04/01, 2013/03/31, 科学研究費補助金, 文部科学省, 基盤研究(C), 漁業被害対策としてのカワウ駆除の有効性:多角的アプローチによる効果検証, 研究分担者
2009/04/01, 2010/03/31, その他の補助金・助成金, 日本大学, 日本大学学術研究助成, ヒグマの背擦り行動の意義の解明と生息数モニタリングへの応用, 研究代表者
2008/04/01, 2009/03/31, その他の補助金・助成金, 日本大学, 日本大学学術研究助成, ヒグマの生息地適性からみた手入れの異なる人工林の比較, 研究代表者
2007/04/01, 2008/03/31, その他の補助金・助成金, 日本大学, 日本大学学術研究助成, 広葉樹液果・核果類の種子分散者としてのヒグマの役割, 研究代表者
2007/04/01, 2011/03/31, 科学研究費補助金, 文部科学省, 若手研究(B), ソース・シンクモデルによるヒグマ個体群の構造・遺伝子流動の解明と被害管理への応用, 研究代表者
2006/04/01, 2007/03/31, その他の補助金・助成金, 日本大学, 日本大学学術研究助成, 都市緑地における外来種アライグマの生態および在来種タヌキへの影響に関する研究, 研究代表者
2004/04/01, 2007/03/31, 科学研究費補助金, 文部科学省, 若手研究(B), 強度駆除圧を受けるヒグマ地域集団の維持機構に関する研究, 研究代表者


教育/社会貢献

社会活動

2014/06/30, 2015/03/20, 委員会・協会等, 平成26年度特定鳥獣に係わる保護管理検討会およびワーキンググループ, 検討委員およびワーキンググループ委員
2014/06/05, 2014/06/05, 講師・講演, 第46回森林野生動物研究会公開シンポジウム, 司会・講演, 講演
2014/03/06, 2014/03/06, 講師・講演, 一般財団法人北海道森林土木建設業協会 第35回森林土木技術講習会, ヒグマの生態の変化と出没増加の背景, 講師
2014/02/19, 委員会・協会等, 札幌市版レッドリスト作成委員会, 委員
2013/12/24, 委員会・協会等, 札幌市ヒグマ対策委員会, ヒグマ出没に関する河畔林対策専門部会委員
2013/07/10, 2014/03/14, 委員会・協会等, 平成25年度特定鳥獣に係わる保護管理検討会, 検討委員
2013/04/01, 2017/03/31, 委員会・協会等, 環境省 鳥獣保護管理プランナー, 鳥獣保護管理プランナー
2013/01/01, 委員会・協会等, 北海道環境生活部, 北海道ヒグマ保護管理検討委員会委員
2012/07/17, 委員会・協会等, 農林水産省生産局, 農作物野生鳥獣被害対策アドバイザー
2012/07/01, 委員会・協会等, 一般財団法人 自然環境研究センター, 特定鳥獣保護管理検討会委員
社会活動を全て表示する
2014/06/30, 2015/03/20, 委員会・協会等, 平成26年度特定鳥獣に係わる保護管理検討会およびワーキンググループ, 検討委員およびワーキンググループ委員
2014/06/05, 2014/06/05, 講師・講演, 第46回森林野生動物研究会公開シンポジウム, 司会・講演, 講演
2014/03/06, 2014/03/06, 講師・講演, 一般財団法人北海道森林土木建設業協会 第35回森林土木技術講習会, ヒグマの生態の変化と出没増加の背景, 講師
2014/02/19, 委員会・協会等, 札幌市版レッドリスト作成委員会, 委員
2013/12/24, 委員会・協会等, 札幌市ヒグマ対策委員会, ヒグマ出没に関する河畔林対策専門部会委員
2013/07/10, 2014/03/14, 委員会・協会等, 平成25年度特定鳥獣に係わる保護管理検討会, 検討委員
2013/04/01, 2017/03/31, 委員会・協会等, 環境省 鳥獣保護管理プランナー, 鳥獣保護管理プランナー
2013/01/01, 委員会・協会等, 北海道環境生活部, 北海道ヒグマ保護管理検討委員会委員
2012/07/17, 委員会・協会等, 農林水産省生産局, 農作物野生鳥獣被害対策アドバイザー
2012/07/01, 委員会・協会等, 一般財団法人 自然環境研究センター, 特定鳥獣保護管理検討会委員
2012/04/01, 委員会・協会等, 日本クマネットワーク(JBN), 副代表
2012/04/01, 委員会・協会等, ヒグマの会, 理事
2005/04/01, 委員会・協会等, 公益財団法人 日本生態系協会, 専門研究員
1998/06/01, 委員会・協会等, 浦幌ヒグマ調査会, 事務局長

担当授業

2014, 前学期, 5001006, 建学原論, c2[1年]
2014, 前学期, 5002159, 自然環境学実験・実習, [2年]
2014, 前学期, 5002191, 野生動物学概論, b[2年]
2014, 前学期, 5002208, 野生動物学概論, a[2年]
2014, 前学期, 5002710, 基礎演習 II, [2年]環類10
2014, 前学期, 5303102, 野生動物保全技術実習, [環類3年]
2014, 前学期, 5303109, 野生動物生態学, [環類3年]
2014, 前学期, 5303401, 野生動物観察同定実習, [環類3年]
2014, 前学期, 5303522, 専門ゼミナールⅠ, [環類3年]野生動物生態学
2014, 前学期, 5304508, 専門ゼミナールⅢ, [環類4年]野生動物生態学
担当授業を全て表示する
2014, 前学期, 5001006, 建学原論, c2[1年]
2014, 前学期, 5002159, 自然環境学実験・実習, [2年]
2014, 前学期, 5002191, 野生動物学概論, b[2年]
2014, 前学期, 5002208, 野生動物学概論, a[2年]
2014, 前学期, 5002710, 基礎演習 II, [2年]環類10
2014, 前学期, 5303102, 野生動物保全技術実習, [環類3年]
2014, 前学期, 5303109, 野生動物生態学, [環類3年]
2014, 前学期, 5303401, 野生動物観察同定実習, [環類3年]
2014, 前学期, 5303522, 専門ゼミナールⅠ, [環類3年]野生動物生態学
2014, 前学期, 5304508, 専門ゼミナールⅢ, [環類4年]野生動物生態学
2014, 前学期, 5304708, 卒業論文, [環類4年]野生動物生態学
2014, 後学期, 5001006, 建学原論, c2[1年]
2014, 後学期, 5001360, 環境共生学概論, a[環類1年]
2014, 後学期, 5001361, 環境共生学概論, b[環類1年]
2014, 後学期, 5002130, 遺伝学, [2年]
2014, 後学期, 5002710, 基礎演習 II, [2年]環類10
2014, 後学期, 5303102, 野生動物保全技術実習, [環類3年]
2014, 後学期, 5303107, 海外野生動物学, [環類3年]
2014, 後学期, 5303622, 専門ゼミナールⅡ, [環類3年]野生動物生態学
2014, 後学期, 5304608, 専門ゼミナールⅣ, [環類4年]野生動物生態学
2014, 後学期, 5304708, 卒業論文, [環類4年]野生動物生態学

招待講演の状況

2015, 国内, 2015/07, 5th International Wildlife Management Congress, Public plenary: Urban and suburban brown bear management in depopulating society Sapporo, Japan, Sapporo, Japan, Hokkaido
2014, 国内, 2014/11, ワイルドライフ・マネジメント・フォーラムin札幌「野生動物と共生する地域づくりを目指して」(知床自然大学院大学設立財団主催), 都市と地方の野生動物共存の考え方~ヒグマの事例を中心に~, かでる2・7, 日本, 札幌
2014, 国内, 2014/08, 第5回国際野生動物管理学術会議(IWMC)プレシンポジウム, 北海道におけるヒグマ管理の現状と課題-駆除中心の事後対応から科学的・予防的管理への転換を目指して-, 札幌国際ホール, 日本, 北海道札幌市
2013, 国内, 2014/03, 日本クマネットワーク主催シンポジウム「クマの生息域は拡がっているのか?-最新情報から読み取る全国分布の最前線-」, 3. 最新情報から読み取るクマ類の全国分布の最前線 について講演, 東京大学農学部・セイホクギャラリー, 日本, 東京都文京区
2013, 国内, 2014/02, さっぽろヒグマフォーラム(市民ヒグマ講座), 「環境が変われば暮らしも変わる-クマの目線で考えるヒグマと森・シカ・そして人の営み-」 というタイトルで講演,および総合討論司会, 北海道立道民活動センター「かでる2・7」かでるホール, 日本, 北海道札幌市
招待講演の状況を全て表示する
2015, 国内, 2015/07, 5th International Wildlife Management Congress, Public plenary: Urban and suburban brown bear management in depopulating society Sapporo, Japan, Sapporo, Japan, Hokkaido
2014, 国内, 2014/11, ワイルドライフ・マネジメント・フォーラムin札幌「野生動物と共生する地域づくりを目指して」(知床自然大学院大学設立財団主催), 都市と地方の野生動物共存の考え方~ヒグマの事例を中心に~, かでる2・7, 日本, 札幌
2014, 国内, 2014/08, 第5回国際野生動物管理学術会議(IWMC)プレシンポジウム, 北海道におけるヒグマ管理の現状と課題-駆除中心の事後対応から科学的・予防的管理への転換を目指して-, 札幌国際ホール, 日本, 北海道札幌市
2013, 国内, 2014/03, 日本クマネットワーク主催シンポジウム「クマの生息域は拡がっているのか?-最新情報から読み取る全国分布の最前線-」, 3. 最新情報から読み取るクマ類の全国分布の最前線 について講演, 東京大学農学部・セイホクギャラリー, 日本, 東京都文京区
2013, 国内, 2014/02, さっぽろヒグマフォーラム(市民ヒグマ講座), 「環境が変われば暮らしも変わる-クマの目線で考えるヒグマと森・シカ・そして人の営み-」 というタイトルで講演,および総合討論司会, 北海道立道民活動センター「かでる2・7」かでるホール, 日本, 北海道札幌市



教員総覧